Fate/Parallel world storys 外伝 Episode-Altair:After「Re:CREATERS」(SS)

Fate/Parallel world storys 外伝 Episode-Altair:After「Re:CREATERS」(SS)
  • 1 T 2017-09-23 10:54:52 1Zgrzfw22ppvrd

    このSSではアニメ「Re:CREATERS」とのコラボ・ネタバレ要素、キャラ崩壊、根暗による自虐等の暗い場面、流血描写等を含みます。苦手な方はブラウザバックして下さい。

    • 2 T 2017-09-23 10:55:59 1Zgrzfw22ppvrd

      >>1

      こちらが本筋です。アニメの結末に合わせて書き直しました。ご了承下さい。

      • 3 T 2017-09-23 11:05:10 1Zgrzfw22ppvrd

        >>2

        参考文献&引用
        アニメ「Re:CREATERS」
        Re:CREATERS NAKED
        小説「Re:CREATERS」

  • 4 T 2017-09-23 11:07:03 1Zgrzfw22ppvrd

    #0 「Before Encounter」

    • 5 T 2017-09-23 18:32:16 HVRvaIau2IUNllwF

      >>4

      物語・・・。それは、人間が古代より創り出しているもの。あるいは本。あるいは・・・、記憶。さあ、始めよう。人間と世界を憎み、人の姿をした人ならざる・・・、いや、人と同じく感情を持った少女の話の『続き』を・・・。

      • 6 T 2017-09-23 22:45:00 4lq6moCGT0EZFXEr

        >>5

        カルデアのある一室にて─────。
        サーヴァント・シールダー、アラヤは何かぶつぶつと呟いていた。
        アラヤ(千里眼使用中)「これもまた、物語か・・・。誠に勝手ながら、自称『狂言回し』にして真の主人公よ!私もまた、この物語を編纂するとしよう。タイトルは・・・勿論────」
        ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
        ───告げる
        ───告げる
        この物語を構成せし、虚構から来たりし15の者たちよ
        集いたまえ。
        これは、命令ではない。ただのお願いだ。拒否してくれても構わない。
        それでも───、貴方がたが、一切関係の無い、この世界を救うと決心してくれたのなら、貴方がたの全てを受け入れよう。
        例え、貴方がたが英雄でない、ただの虚構だとしても。貴方がたは、貴方がたの世界では『主人公』という、英雄なのだから─!(ただし例外はある)

        • 9 T 2017-10-20 00:50:49 HVRvaIau2IUNllwF

          >>6

          ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
          ある日、マイルームにて...
          アラヤ「突然なんだがマスター、もし、物語の登場人物が現実に出てきたら、君はどうする?」
          ぐだ男「そうだなあ・・・。その時になってみないと分からないや。」
          アラヤ「そうか・・・。実は新たな『写本』が完成してな」
          ぐだ男「お、今度はどんなの?」
          アラヤ「ある意味聖杯戦争に似た戦いだな。一言で言えば。一応出来ているんだ」
          『物語記憶写本 Re:CREATERS』
          ぐだ男「おお、楽しみだなあ」
          アラヤ「あとで見せるよ」
          ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
          ガイア「なあ、兄者。」
          アラヤ「ん?」
          ガイア「『儀式』のことは言わないのか?」
          アラヤ「ああ。縁を繋ぐといっても蜘蛛の糸だからな。失敗していたら言う必要はないさ」

          ─────この時俺は思いもしなかった。まさか、『彼女』が真っ先にやって来るなんて......

          • 10 T 2017-10-20 01:09:06 HVRvaIau2IUNllwF

            >>9

            ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
            何処かの平行世界にて:
            ???1「そろそろ行くね」
            ???2「気を付けてね」
            ???1「本当は貴女と離れたくないんだけどね・・・」
            ???2「じゃあ、どうして貴女は旅立つことを決めたの?」
            ???1「私は・・・貴女の為とはいえ、大きな罪をおかしてしまったから・・・。償いの旅に行ってくる。」
            ???2「その勢いですよ!」
            ???1「ふふっ」
            彼女と過ごした日々はとても楽しかった。でも、だからといって罪は無くならない。どうせなら人助け、じゃないけど、そんな事をして償っていきたい。そう思っていた。だから────
            ???1「じゃあ、世界を救いに、行ってくるね。














            セツナ。」(ゲートを通って姿を消す)







            セツナ「ええ。行ってらっしゃい。いつか帰って来たら、色々私に聞かせてね。














            アルタイル。」

            ──────────To be continued.

  • 7 T 2017-10-17 22:19:21 h3abl0i0MPyghtr

    登場人物紹介:

  • 8 T 2017-10-17 22:20:20 h3abl0i0MPyghtr

    #01:『彦星』との出会い

返信はreplyボタンから
アップロード

最新コメント一覧

スレッド作成

スレッド作成
アップロード